I beg your hate


LとR ふたりで一つずつ耳につけた
同じ制服 眠たげな顔 物憂い会話 乗せて走るバス

左にいるのにR 右にいるのにL
不思議がる君の すこしの身じろぎで
イヤフォンコード引っ張られて 僕は黙って首を左に傾ける
それだけのことが誇らしかった

世界中のおとなと子どもの憂鬱を
苛立たしさを 不機嫌を 煩悶を 重圧を
摩り切れた声で 歌っている歌
何者かになれって 煩く要求する社会から 逃げだしたがっている
だけど逃げ道は LとRが塞いでる
歌い手の悲鳴が僕たちを満たす

LとR いつから違う音が聴こえてた?
膝をたたく指先のリズム 気づけばすこしずつずれはじめてた

このアルバム終わるまで 乗っていこうよって
君が言ったから 内緒でリピートにした
でも学校前のバス停 忘れて君は スクバ提げて立ちあがった
イヤフォンコード引っ張られて抜けた

僕たちの中の未熟であやふやな
息苦しさを 不愉快を 違和感を 倦厭を
かわりに言葉にしてくれた歌
何者かになれって 煩く要求する社会から 逃げだしたかったんだ
だけど逃げ道は LとRに閉じ込める
僕たちの悲鳴は僕たちを焦がす

もし君がこのイヤフォンをアンプに替えて
みんなでこの歌を歌おうと言うのなら
僕はアンプをぶっ壊すだろう
I beg your hate



スポンサーサイト

【Kキャラソン歌詞】夜刀神狗朗(CV: 小野大輔)

【Kキャラソン歌詞】十束 多々良(CV: 梶裕貴)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。